Rプラスハウス 広島中央

ブログ

BLOG
現地調査(^も^) Rプラスハウス広島中央 広島注文住宅 広島建築家住宅
投稿日:2020.02.2 一覧に戻る

新築住宅を着工予定の敷地、配置、造成等の現地調査に弊社の1級建築士と土木屋さん、設計・インテリアの佐古さんと行ってきました(^も^)

かっこよくてたくましい家づくり!!冬暖かく、夏涼しい家がまたここに一棟出来ます(`・ω・´)ゞ

冬暖かく、夏涼しい家づくりで重要な事

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

C値・Ua値とは(^も^)

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

C値とは(^も^)

C値とは、住宅・建築業界に於いて使われる用語で、家の延床面積に対する「隙間面積」の割合を示す数値のことです(^も^)床面積1メートル四方の1平方メートルあたり、どのくらいの隙間(単位は平方センチメートル)が存在するかを表します。この数値が少ないほど、つまり「0」に近いほど隙間が少なく、気密性が高くなります(^も^)この気密性とは、住宅の熱効率・省エネルギー効率に影響します。壁はもちろん床の断熱効果・気密性が高ければ高いほど夏の空調の効きが良くなり、冬場は熱が逃げないため暖房の効率が良くなり、ムダな空調・光熱費を消耗しなくて済むというわけです(^も^)また冬の場合は特に気密性が高ければ床や壁の隙間から風が吹かないため、基本的に家の中も暖かくなります(^も^)C値とともに述べられることの多い「Q値」は、まさにここで挙げた夏場や冬場の熱効率に関しての用語で、「延床面積に対する熱損失量を表す数値」です(^も^)C値は「隙間の量」、Q値は「熱の逃げやすさ」を表すものと覚えておきましょう(^も^)C値は施工精度によって、Q値は建材として用いられた素材や工法が影響しています。C値の測定は、実際に建てられた建物の中で専用の気密測定試験機を用いて調査します(^も^)

外皮平均熱貫流率(UA値)とは(^も^)

外皮平均熱貫流率とは、従来の熱損失係数(Q値)に変わる指標です(^も^)
住宅の断熱性能を表し、数値が小さいほど性能が高いことを表しています(^も^)
各部位から逃げる熱損失を合計し、外皮面積で割って求めます(^も^)

定義としては、建物内外温度差を1度としたときに、建物内部から外界へ逃げる単位時間あたりの熱量(換気による熱損失を除く)を、外皮等面積の合計で除した値になります(^も^)
ここでいう外皮とは、熱的境界になる外壁・床・天井・屋根・窓・ドアなどを指します(^も^)

熱損失係数(Q値)との主な違い(^も^)

熱損失係数は、各部位(外壁・窓・天井・床、換気など)の熱損失量を合計し、それを床面積で除して求めていました(^も^)
比べて、外皮平均熱貫流率は、各部位の熱損失量を合計し、外皮面積で除して求めます(^も^)
その際、換気による熱損失は考慮しません!!
外皮面積とは、外気に接する壁・窓・天井・床など(熱的境界)の面積を合計したものです(^も^)
熱損失量の基本的な計算方法は同じですが、熱橋や土間床・基礎断熱など、細かな計算方法が変更になっていますので注意が必要です!!!

ページ先頭へ
ABOUT R+house
CONTENTS


ページトップへ