Rプラスハウス広島中央

※建築家住宅(建築士の資格を持つ独立した建築家により基本設計された住宅)主要供給事業者9社における2017年度供給数
(株) 矢野経済研究所調べ/2018年10月現在

資料請求 お問合せ
おうちづくりカフェ
スタッフブログ
家の呼吸(換気) 広島建築家住宅 投稿日:2019年12月31日
おはようございます!




R+house広島中央の杉元です😊







本日は換気についてご紹介いたします。




と言っても空気は目に見えるものではないのでピンとこないかもしれません(^_^;)




ですが換気は機密性能と深い関わりがあるので知っておいて損はありません!







早速ですが皆さん!




部屋の空気は二時間に1回入れ替わるようにしないといけない。




という法律があるのをご存じですか??







換気をきちんとしないと汚い物質を含んだ空気がよどんで滞留したままになります。




アレルゲン物質を効率よく排出し、新鮮な空気を取り入れるために「換気」は重要なのです。




また、人間は一日に20キロもの空気を吸うといわれています。




その空気が汚れた空気だと、体の健康にも大きな影響を与えます。










一口に換気と言っても換気にも色々種類があります。




それがこちらです↓↓















簡単にご説明させていただくと、




第一種換気は、機械(ファン)で外から室内に空気を取り入れて機械(ファン)で外に排気していきます。




第二種換気は、機械(ファン)で外から室内に空気を取り入れて自然に排気していきます。




第三種換気は、自然に外の空気を室内に取り入れて機械(ファン)で排気していきます。




第四種換気は、自然に外の空気を室内に取り入れて自然に排気していきます。







僕たちR+house広島中央は第三種換気を使って家づくりをしています。




では、「換気」がよくできる家づくりとはどのようなものでしょうか?

それは、「高気密」住宅にすること。「高気密」とは隙間が少ない家づくりです。




ストローをイメージしてください。ストローが気密性の良い隙間がない状態です。




ストローに穴が開いていたら飲み物を吸うことができないですよね?




ストローと同じで隙間が多い家は家全体の空気を循環させることができず、きたない空気を効率よく輩出することができないのです。




お家づくりをしていく中で、性能のデザインはもちろんですが、換気のデザインもしていきます。




どのように空気が入ってきて、どのようなルートを通って空気が回りながら外に出ていくかを考えます。







しかし、どれだけ換気のデザインをしても気密性が悪く、家に隙間があるとそこから空気の流れが変化してしまいます。




結果的に、思い通りの換気ができない!!ということが起こってしまいます!!!










計画通りに換気をするためには気密性が必要不可欠です!!!!!




家も人間と同じで呼吸しています。

住まう人の快適性・健康のために、家を長持ちさせるためにも 呼吸がきちんとできる家づくりをしてください!!!
ページ先頭へ
資格のために集中、集中! 広島建築家住宅 投稿日:2019年12月29日
おはようございます。

私、今日から自宅の大掃除をする予定なのですが
家族がやる気になるかどうか・・・

子ども達の部屋がだいぶ散らかっているので
なんとか片づけさせるぞ、と思っています。

でも上の子は試合、下の子は受験勉強があるので難しそう :cry: 
では第一志望の学校に合格できるように、勉強に集中してもらいましょう。

ところで、みなさんはどれくらいの時間集中力が持続しますか?

うちでは上の子はスマホやらゲームやらの誘惑が多くて
だいたい30分ほどです。親の視点から見ると、短いのですが
実はごく正常な時間らしいですよ。
効果的に勉強するなら、学校の授業より短めの30~40分机に向かい
5分休憩する、という1セットを繰り返すと良いそうです。

そんな学習方法を試されたのかは不明ですが、
弊社のスタッフのお父様(なんと昭和18年産まれの75歳!)が
今年「宅建士」の試験に合格されました!



宅建士は合格率15~17%と、超難関試験になるわけではありませんが
決して日常のすべての時間を宅建士の勉強に費やしたわけではないとのこと。

効果的に勉強した結果、合格されたんでしょうね。

スタッフ最年少のkazumaくんともお話したんですが
若いときに資格を取っておいて損はしませんよね!

私もお父様よりは若いので、がんばったら何かの資格をとれそうです。
来年、なにかにチャレンジしてみたいと思います。

 

ページ先頭へ
年賀状の発想は済みましたか 広島建築家住宅 投稿日:2019年12月28日

おはようございます。

今日が仕事納めのかたも多いことと思います。

 

弊社ではほとんどのスタッフが、年内は今日までの勤務です。

社長やKEIKOさん、専務の江田さんはもしかしたら、明日・明後日と仕事かも・・・?

 

コダの総務・経理部では年賀状を発送できたら、

とりあえず今年の仕事は終わり! みたいな雰囲気になります。

 

他の仕事はエンドレスなので、おうちが完成するまでは

「よ~し、終わった~」という感じにはならないんですよ^^

 

その年賀状ですが、弊社では毎年お施主さまをはじめ

セミナーに参加くださったお客様、取引き業者さんなどを含め

なんと約1,200枚ものはがきを発送します。

 

発送するまでの準備が、一般家庭の比ではないのです :mrgreen: 

 

①受け取った年賀状を見ながら、弊社の発送リストに入っているか否か

②住所や代表者が変わっていないか

③喪中ではないか などをチェックします。

 

ふだんからコツコツやっておけばいいのですが

喪中はがきは通常12月に入ってから届きますので

毎年のことながら、間に合うかヒヤヒヤしながらの作業です。

 

それに比べたら、我が家の70枚程度なんて楽チンなのですが

なぜかいつも30、31日に投函することになります。

 

でも、やっぱりもらった年賀状に写真が載っていたりすると

子どもの成長をしみじみと感じますので

まだまだ出すことになるでしょう。

 

本年中にお世話になった方々には、心よりお礼を申し上げます。

年末年始、生活リズムが乱れて体調を崩しがちですので

どうぞお気をつけて、良いお年をお迎えください。

 

ページ先頭へ
R+house(アールプラスハウス)広島中央
R+house(アールプラスハウス)広島中央
会社概要・沿革・アクセス
スタッフブログ
スタッフ紹介
採用情報
会社概要・沿革・アクセス
スタッフブログ
スタッフ紹介
採用情報
家族の絆を感じる家づくり
家族の絆を感じる家づくり
ホーム
メニュー
ページトップ
ページトップへ