Rプラスハウス広島中央

※建築家住宅(建築士の資格を持つ独立した建築家により基本設計された住宅)主要供給事業者9社における2017年度供給数
(株) 矢野経済研究所調べ/2018年10月現在
082-227-9333
おうちづくりカフェ 資料請求 お問合せ
スタッフブログ
土台敷 (^も^) R+ハウス広島中央 広島注文住宅 投稿日:2019年11月18日

いよいよ今回から木工事に入ります(^も^)

家づくりになじみがない方も何となく大工さんのイメージはあるのではないでしょうか(^も^)

基礎のコンクリートを打設したのち、

一定の養生期間が終わり

(コンクリートの強度を出すために一定期間の時間、何もせずに乾かします(^も^)コンクリートはじわじわと強度が増してくるので打設した後しばらく乾かすことが大事なのです(^も^))

基礎工事のコンクリート打設用の型枠を外して清掃し、建物の外部周りの給排水配管工事などを行います。(現場の状況等では後工程になることもあります)(^も^)

現場にいよいよ大工さんが登場し、土台、大引、根太、分厚い床様の合板と共に床下の基礎に施工する断熱材などが搬入されます(^も^)

そしてまず最初に基礎の天端に墨壺(墨汁がついた糸を使いコンクリートや木材に印をつける道具です)を使い土台を基礎のコンクリートにのせる位置の印をつけていきます(^も^)

☝の挿絵の様に基礎の幅と木材の幅が違うため、土台の端の部分が分かる様に墨をつけていきます(^も^)

この作業の際にも基礎工事編で活躍したピタゴラスの定理を活用して再度矩をふります(直角を出します)

最近では「根太レス工法」とか「剛床」と呼ばれる特厚合板で1F床を”ステージ”のようにつくる工法が増えており、昔の家のように「根太(ネダ)」を格子状に組んで、普通合板を敷くことは減っています。

基礎には、土台を緊結する「アンカーボルト」と柱に緊結する「ホールダウン金物」が施工してあり、基礎の天端(コンクリートの上部分)から飛び出しています。土台自体はプレカット加工されて搬入されますが、

(工場にてあらかじめ仕口やほぞ穴を大きな機械で加工します)

アンカーボルトやホールダウン金物用のボルトの穴は現場で加工するので、

まずはそれぞれの位置の分かる記号が書かれた土台を取り付け箇所に配っていきます。

建物の角は、概ね「通し柱」と呼ばれる長さ6m位の柱が立つので、柱が引き抜かれないように他のアンカーボルトよりも太くて長い『ホールダウン金物』があります。

☟下記の挿絵のように、それぞれのアンカー位置を確認しドリルで穴開けをして、ボルトを土台に貫通させます。

土台が配置されると基礎コンクリートの天端は見えなくなります。業界用語で「土台敷き」と呼ばれる作業です。

外周部と中の立上りがある部分にアンカーボルトの穴をあけた土台を敷いたら基礎の断熱工事を行います(^も^)

ページ先頭へ
 最近のエントリ
 カテゴリー
ブログアーカイブ











R+house(アールプラスハウス)広島中央
R+house(アールプラスハウス)広島中央
会社概要・沿革・アクセス
スタッフブログ
スタッフ紹介
採用情報
会社概要・沿革・アクセス
スタッフブログ
スタッフ紹介
採用情報
家族の絆を感じる家づくり
家族の絆を感じる家づくり
ホーム
メニュー
ページトップ
ページトップへ