Rプラスハウス広島中央

※建築家住宅(建築士の資格を持つ独立した建築家により基本設計された住宅)主要供給事業者9社における2017年度供給数
(株) 矢野経済研究所調べ/2018年10月現在
082-227-9333
おうちづくりカフェ 資料請求 お問合せ
スタッフブログ
基礎断熱(^も^) R+ハウス広島中央 広島注文住宅 投稿日:2019年11月19日

基礎断熱工法(^も^)

前回のブログで書かせて頂いた土台敷の続きになります(^も^)

外周部と中の立上りの上の土台を施工し、外周廻りの基礎のコンクリートに断熱材を貼っていきます(^も^)

コンクリートは、石と同じで「熱しにくく冷めにくい」という『蓄熱容量の高い』材料です(^も^)

鍋釜などの調理道具を思い浮かべれば分かる通り、アルミのヤカンと南部鉄瓶、石窯でお湯を沸かした場合の沸騰までの時間と冷めるまでの時間で「蓄熱容量」や「熱伝導」が実感できます(^も^)

私の場合は石焼き芋がついつい頭によぎってしまいす(^も^)

(私が以前買った石焼芋作る用の鍋??は鍋の中に石??が入っており、熱した鍋でお芋を焼いて石焼き芋を作るものだったのですが、その鍋の石はかなりの長時間保温してくれておりました!!)

冬の基礎は、床下に冷たい外気が入り込むだけでなく基礎のコンクリート自体が冷え切ってしまい熱を奪っていくため、床下を断熱しても1階と基礎の温度差分、熱損失が続き、

だんだん足元が冷たくなっていきます(^も^)

そこでRプラスハウスでは、基礎のコンクリート自体が外気の影響を受けにくいように『基礎断熱』を採用しています(^も^)

基礎立上げ部分だけでなく外周から90cm程度の範囲まで、コンクリートが冷え切って冷気を発生させることがないよう、50㎜のスタイルフォームをコンクリート自体に張ります(^も^)

また、土台と立上りのスタイルフォームとの間にウレタンガンで現場発泡の断熱材のウレタンフォームを施工します(^も^)

北海道のような寒冷地では、シロアリもいないため基礎コンクリートの外側に断熱材を張りますが、シロアリが断熱材を喰い散らすリスクがあり、夏の湿度が高い西日本では、基礎コンクリートの内側に断熱材を張ります(^も^)

そして防蟻の為のホウ酸系のエコボロンという人畜無害な防蟻材をしっかりと散布します(^も^)

上記の挿絵のように断熱材でコンクリートを囲うことで、床下は外気の影響もコンクリートが出す冷輻射の影響も最小化できるとともに、真冬でも床下は15℃以下に下がることがなくなります(^も^)

1階の室温との温度差が少なくなり、床から奪われる熱損失が圧倒的に小さくできるため、冬の床の冷たさがかなり緩和されます(^も^)

また浴室の床下も室内側になるため、さらにお湯が冷めにくくなるのですが、何よりヒートショックの危険性がかなり改善されるという事も凄く大切です(^も^)

ページ先頭へ
 最近のエントリ
 カテゴリー
ブログアーカイブ











R+house(アールプラスハウス)広島中央
R+house(アールプラスハウス)広島中央
会社概要・沿革・アクセス
スタッフブログ
スタッフ紹介
採用情報
会社概要・沿革・アクセス
スタッフブログ
スタッフ紹介
採用情報
家族の絆を感じる家づくり
家族の絆を感じる家づくり
ホーム
メニュー
ページトップ
ページトップへ