Rプラスハウス 広島中央

ブログ

BLOG
生活動線(^も^)   Rプラスハウス広島中央  広島注文住宅  広島建築家住宅
投稿日:2019.12.23 一覧に戻る

女性陣の教育の賜物か、「おもてなし」は清掃から(^も^)

という事で、安定のふき掃除を接客前に皆で行っています

(^も^)

それでも汚れている場合も多々あり、、、、( *´艸`)

無駄な空間も大切にしながら、無駄を省き必要な空間を実際の面積

よりも広く作り、実際の面積よりも広く使う(^も^)

生活しやすさと使いやすさ(掃除しやすさなど)は大事ですね

(^も^)

私は寒冷蕁麻疹があるので冷たい水の入ったバケツの水でタオルを

絞ると腕と手がかゆくなってしまうのですが、それでも身の回りが

奇麗になるのは楽しいです(^も^)

寒冷蕁麻疹とは、身体が低温の外気や物体に晒されることで生じる蕁麻疹です。蕁麻疹は、皮膚の肥満細胞に何らかの刺激が加わることで、皮膚の組織内にヒスタミンという物質が放出されることによって引き起こされる皮疹のことです( ゚Д゚)

ヒスタミンは、皮膚の微小血管と神経に作用して血管を拡張させ、血管内の血漿けっしょう成分を漏れ出す作用があります。その結果、ヒスタミンが分泌された部位に、紅斑や膨疹(ふくらみのある皮疹)、かゆみが生じるのです(‘ω’)

寒冷蕁麻疹は機械性蕁麻疹の一種であり、身体の一部に寒冷刺激が加わることでその部位のみにヒスタミンが分泌されて蕁麻疹が生じる「局所性」と、全身が冷却されることで全身に蕁麻疹が生じる「全身性」があります( ゚Д゚)

寒冷刺激を受けてから蕁麻疹の発症までは数分~十数分以内ですが、症状は2時間以内で治まり、皮膚に痕を残すことはありません(^も^)

原因・寒冷蕁麻疹は、皮膚に冷却刺激が加わることによって発症します( ゚Д゚)

蕁麻疹は、皮膚の肥満細胞が刺激を受けてヒスタミンを分泌し、血管の拡張や透過性の亢進を促すことによって生じる皮疹のことです( 一一)

蕁麻疹の原因となる刺激には、食物やハウスダスト、花粉、金属などさまざまなものが挙げられます(‘ω’)

蕁麻疹の原因を完全に特定することは困難なケースが多いですが、寒冷蕁麻疹は皮膚に対する冷却が物理的な刺激となって肥満細胞を活性化させると考えられています( ゚Д゚)

また、蕁麻疹の発症は、がんやリウマチなどの自己免疫疾患、感染症、ストレスなどによって引き起こされるケースもあります( ゚Д゚)

寒冷蕁麻疹も例外ではなく、特に中高年になって突然寒冷蕁麻疹を発症したような場合、蕁麻疹の増悪因子である病気が潜んでいる可能性も考えられます( 一一)

ページ先頭へ
ABOUT R+house
CONTENTS


ページトップへ