Rプラスハウス 広島中央

ブログ

BLOG
タイルとヒノキの浴室 広島建築家住宅
投稿日:2020.06.30 一覧に戻る
おはようございます。





今日は浴室のご紹介をします。





最近の浴室は「ユニットタイプ」(浴槽、壁、床、天井のつなぎ目部分が一体化されている浴室)が多いですが、先日珍しく「在来工法」での浴室の施工がありました。





在来工法とは、昔よくあったタイル張りの浴室のことです。





配管、防水、浴槽据え付け、水栓の設置、タイル貼り、と工程が多くなるため、ユニットバスよりも費用も工期もかかりますます。





しかし、自由にスペースに合わせて作ることことが可能で、浴槽から、床・壁・天井、窓まで選ぶことができ、自分好みの浴室を造ることが出来ます。





浴室にこだわりたい方にはうってつけの工法です。








こちらのお宅は、浴槽と膝くらいまでの高さの壁はユニットタイプで、そこから上の部分にタイルを張りました。




天井はヒノキを使用しています。









職人さんも「お風呂にタイルを貼るのは何年ぶりかな…」とおっしゃっていました^^





お施主様のこだわりの詰まったお家・・・完成が楽しみです♪



≪D・Uコダ事務所≫

≪D・Uコダのおうちづくりカフェ≫

YouTube始めました!

「コダチャンネル」

【自然素材を使った新築ならD・Uコダ】

ページ先頭へ
ABOUT R+house
CONTENTS


ページトップへ