Rプラスハウス 広島中央

ブログ

BLOG
棟札の取り付け 広島建築家住宅
投稿日:2020.08.12 一覧に戻る

おはようございます。

今年は年度初めから臨時休校が続いたせいで、

ようやく夏休みが始まりました。

子供さんたちは、宿題がいっぱいでしょうか?

あまり遊びに行ったりできないですからね~・・・

ちょっとかわいそうな気もします。

さて今回は上棟式の様子をご紹介します。

6月、梅雨の晴れ間に広島市西区で鎮祭をしてから約40日。

梅雨が明け、強い日差しの下での上棟式になりました。

木材を組んでから、屋根のいちばん高い部分に

地鎮祭をお願いした神社で書いてもらった”棟札”を取りつけます。

棟札には・上棟の年月日・施主様の名前・大工さんの名前 が書いてあります。

これを棟梁さんが、東または南向きに取り付けます。

棟札に釘は打てないので、今回は釘に乗せるようにしています。

取り付けが終わったら、お施主様と棟梁さん、

コダの社長との3人でペコリと一礼!

次におうちを建て替えるまで、見えないところで

お施主様ご一家を見守ってくれますように。

≪D・Uコダ事務所≫

  ≪D・Uコダのおうちづくりカフェ≫

YouTube始めました!

「コダチャンネル」

【自然素材を使った新築ならD・Uコダ】

ページ先頭へ
ABOUT R+house
CONTENTS


ページトップへ