Rプラスハウス 広島中央

ブログ

BLOG
水漏れ修理(その1) 広島建築家住宅
投稿日:2020.09.14 一覧に戻る

おはようございます。

今日のトピックは、我が家で起こった水トラブルについてです。

我が家には高校生男子が二人いますので、水分の摂取量がすごいんです。

夏はペットボトルを捨てるのと、麦茶が冷えるのが間に合わないほど・・・

そんなある日、キッチンの床が濡れていました。

おおかた立ったままお茶を飲んでこぼしたか、

ペットボトルをすすいだ時の水がはねたんだろう、とその時は思っていたのです。

数日後、朝起きてお弁当を作るためにボーっとした頭でキッチンへ行くと

一歩踏み出すたびに、「ビチャビチャ」と水音が!

一気に目が覚め、床をみまわすと床材のすきまから水がしみ出していました。

下の階まで水がもれていたら一大事、と

あわててマンションの管理会社に連絡して、

手配してもらった設備屋さんが来たのが15時。

そこまで待つ間の不安な気持ちは、なんとも言えません。

そして、いざ設備屋さんが来て状況を聞き

作業を始めたときの安心感たるや・・・

キッチンのシンク下と、洗面台の下を開けて見てもらったのですが

水漏れの箇所までは特定できませんでした。

応急処置として、水道の元栓の横にお湯の元栓をつけてもらいましたが

それだけで床まわりの水漏れは改善!

下の階のかたにご迷惑をかけないだけでも、ストレスが減りました。

「もしかしたら洗面所の床を全部開いてみないと、

水漏れ箇所の特定ができないかも・・・」と設備屋さんに言われてしまい

次の日に小林社長にヘルプを求めたのですが・・・

その時の修繕工事については、また別の日にお知らせします。

≪D・Uコダ事務所≫

  ≪D・Uコダのおうちづくりカフェ≫

YouTube始めました!

「コダチャンネル」

【自然素材を使った新築ならD・Uコダ】

ページ先頭へ
ABOUT R+house
CONTENTS


ページトップへ