Rプラスハウス 広島中央

ブログ

BLOG
DIYへのはじめの一歩?  広島建築家住宅
投稿日:2020.11.25 一覧に戻る

おはようございます。

先日テレビを見ていたら、一軒のおうちが10年もの間

同じ泥棒の被害にあっていた、というニュースが流れてきました。

あらためて年末年始にむけ、防犯対策をしっかりやらないといけないと思いました。

そこで先日、ここ二週間ほどガタつきが気になっていたドアガードを交換しました!

我が家は築40年ほどの中古マンションで、入居するとき水回りのリフォームだけ済ませました。

壁紙クロスは前の家主さんが貼り替えていたのですが、ドアなどはノーマーク。

ある日私が仕事から帰ると、ドアガードがかかっていて中に入れない状態に 😯

子供が帰っているのかと思い、インターホンを鳴らしても返答ナシ・・・

あわててスマホで検索して、なんとか家に入りましたが

業者さんを呼んでいたら、結構な料金がかかったでしょうね。

これは長男が塾に行くときリュックでこすってドアガードを起こしたな、

と疑っていたら、2、3日後に部活から帰った次男が同じように締め出し状態に 😥

どうも古くなるとストッパーがゆるくなって、ドアを閉めた衝撃で

勝手にドアガードがかかってしまうらしいですね。

ということで、ホームセンターでドアガードを買って来て交換開始です。

無事に取り付け完了!

お店には「耐震型ドアガード」というのもあったのですが、

そちらはスペックをよくよく見ると、ねじとねじの間隔が広いんです。

たいていのドアガードは三つねじで、上下と真ん中のねじの間がそれぞれ26mm。

いっぽう耐震型はねじ間隔が28.5mmあります。

間違うと取り付けできなくなってしまいますので、もし交換する場合

しっかりサイズを測ることをお勧めします。

作業自体はまったく難しいこともなく、女性でもできると思いますよ^^

私は、週末で家にいた夫にやってもらいましたが

外して新たにつけて、10分ほどでしたよ。

皆さんも鍵まわりの修理は、どうぞお早めに。

≪D・Uコダ事務所≫

  ≪D・Uコダのおうちづくりカフェ≫

YouTube始めました!

「コダチャンネル」

【自然素材を使った新築ならD・Uコダ】

ページ先頭へ
ABOUT R+house
CONTENTS




ページトップへ