Rプラスハウス 広島中央

ブログ

BLOG
優れたものを長く大切に 広島建築家住宅
投稿日:2021.04.19 一覧に戻る

おはようございます。

少し前に工事で入らせていただいたおうちがあるのですが、

インテリアがとてもすてきだった、と設計のsakiちゃんが

たくさん写真を撮っていました。

まずは照明の写真。

和紙と竹で作った、提灯を思わせるシェード。

画家・彫刻家の「イサム・ノグチ」の作品です。

写真の四角いもののほかに、本当にまん丸で提灯のような

「あかり」シリーズのシェードも手掛けました。

少し調べてみたところ、ノグチ氏はとても多才だったらしく

広島県内では平和大橋と西平和大橋の欄干をデザインしていました。

どちらも欄干の形がとても特徴的です。

またおうちの中のいたるところに、絵画が飾られていました。

窓の近くには風景画。

お施主様いわく「本当に窓の外に海が広がってるみたいでしょ^^」と。

お部屋の中には生花のかわりに花の絵を飾って。

「こうすると花を買い忘れても、お部屋が華やかになるから。」だそうです。

(飾ってある絵の中には、こちらもまた有名な画家「アイズピリ」の作品がありました。)

そんな考え方もとてもおもしろいのですが、

本当に良いものをさらりとふだん使いにできてしまう

お施主様のセンスがすごくすてきだと思います。

今の世の中、低価格でも高品質なものを

どんどん使って買い替えていくのがスタンダードですが、

少々値が張っても優れたものを長く使う、というのも

環境保護のために見直すべき消費スタイルなんでしょうね。

≪D・Uコダ事務所≫

 
≪D・Uコダのおうちづくりカフェ≫ 

YouTube始めました!

「コダチャンネル」

【自然素材を使った新築ならD・Uコダ】

ページ先頭へ
ABOUT R+house
CONTENTS




ページトップへ